病院での人工植毛治療とフィナステリドによる治療

病院での薄毛治療には種類がありますが、確実性のある治療として人工植毛治療があります。これは人工的な毛髪を特殊な技術を用いて植え込んでいくという治療方法ですが、確実性があるのが大きな特徴です。物理的にボリュームをアップさせる事ができる治療ですので、確実にボリュームを出す事ができ、薄毛も隠す事ができます。
人工植毛にはデメリットもありますが、まず治療費が高く掛かってしまう事です。少しずつ植えていく治療ですので手間も時間も掛かりますし、それゆえに費用が高く掛かってしまいます。病院にもよりますが、例えば1000本程度の植毛で30万円前後の費用が掛かる事があります。
いずれ取れてしまうのもデメリットです。一度植え込んだ場合でもずっと埋まったままという訳ではありませんので、取れてしまってまたボリュームを出したいと思ったら再度治療を受ける必要があります。当然費用も掛かりますので、維持の為には資金的な余裕が必要になるのです。
病院ではフィナステリドによる治療も受ける事ができますが、フィナステリドはAGAを治療する為の薬であり、基本的には飲んで利用します。そしてフィナステリドを飲む事によって脱毛を促進している物質を抑制し、発毛環境を整える事が可能です。ですから毛生え薬のように扱われていますし、AGAに関連がある男性に適した薬となっています。
フィナステリドを利用する場合もデメリットがありますが、まず人工植毛のように確実性はありません。あまり効果がないケースもありますので、思ったように改善できない事があります。
ずっと飲み続ける必要があるのもデメリットです。仮に生えた後でも飲む必要がある為、維持する為にも薬を手放せない状態になってしまうのです。