薄毛の原因になるタバコとフィナステリドによる対策

タバコは薄毛が心配な方なら避けるべき存在と言えます。喫煙をする事によって薄毛が促進されてしまうと言われていますので、髪の毛の為にも吸わないに越した事はありません。
なぜタバコが薄毛の原因になるのかと言えば、まず血流を悪くしてしまうからです。タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させて血液の巡りを低下させる原因になりますし、それによって毛根への栄養供給が阻害されて育毛の支障になってしまいます。また、喫煙をすると一酸化炭素も吸収する事になりますが、身体の酸欠を引き起こしますので、それも原因で血行が悪くなります。
さらにはタバコは吸う事によって皮脂線が刺激されて皮脂の分泌が多くなり、頭皮環境の悪化を招いてしまうなどの問題もありますし、内臓器官の働きも落としてしまうなど、様々な悪影響を引き起こす原因になるのです。
育毛にとって害悪にしかならないタバコですので、薄毛の心配があるのなら禁煙をする事が大切と言えます。
もちろんタバコはAGAに対しても害になってしまいますが、それはたとえAGA用の治療薬であるフィナステリドを利用している場合も同様です。せっかくフィナステリドによってAGAの原因物質を増加させないようにしても喫煙をしている限り、育毛をし難い身体になってしまいますし、薄毛も進行してしまう恐れがあります。フィナステリドの効果を最大限に発揮させる為にはやはりタバコをやめるほかありませんし、病院で薄毛治療を受ける際にも喫煙は控えるように注意されるはずです。それだけ喫煙は髪にとって良くないという事ですので、薄毛にならない為にも、そして薄毛治療の効果を落とさない為にも喫煙者の場合は禁煙が重要と言えます。