フィナステリドで抜け毛予防

男性で抜け毛の増加に悩まされている時にはAGAが発症した可能性があります。AGAは脱毛物質の作用でヘアーサイクルが乱れる事によって脱毛が促進されてしまう脱毛症の事ですが、男性の場合はAGAで薄毛になる確率が高いとされているのです。
体質によっては短い期間で薄毛になる事がありますし、そして広範囲に薄毛が及ぶ事もありますが、しかしながらフィナステリドを利用する事で症状を食い止める事ができる可能性があります。フィナステリドはAGA治療の為の専用の薬ですが、AGAによる脱毛にストップをかける事ができる働きがあるのです。脱毛を防ぐ効果がある成分は他にもケトコナゾールというものがあります。ケトコナゾールはフケにも効果がありますのでどちらにも悩んでいる人にはもってこいの成分と言えますね。今回はフィナステリドについて紹介していきますので話は戻りますが、このフィナステリドには乱れた毛周期を正常にする為の役割もありますので、薄くなった頭も濃くなる可能性があります。ただフィナステリドは万能薬という訳ではありません。確かに脱毛を食い止める為の効果がありますが、しかしそれ以上の効果はないのです。つまりフィナステリドを利用しても発毛するとも限りませんし、また、脱毛作用が強過ぎると脱毛を抑え切れない事もあります。その為、緩やかに脱毛が進行していく事もあり、完全な解決とは言えないのです。もちろん体質によってはフィナステリドだけでも十分な事もありますが、反対に力不足の場合がある事も理解しておきましょう。しっかりと薄毛を改善する為にはフィナステリドのみに頼る対策にならないようにする事が大切ですが、フィナステリドにプラスして活用したいのが発毛剤です。薄毛の改善の為には発毛させる為の工夫も必要ですし、例えば発毛効果が高いとされているミノキシジルを併用すれば薄毛を改善できる可能性もアップさせる事ができるのです。

フィナステリドとミノキシジル併用について

男性型脱毛症の場合はフィナステリドを利用して対策をするのが有効とされています。男性型脱毛症はジヒドロテストステロンという成分によって脱毛が促進されてしまうのですが、フィナステリドには脱毛の原因になっている成分を増加させない働きがあります。ですからフィナステリドを利用する事で脱毛を発生させ難くする事ができるのです。また、ジヒドロテストステロンは毛周期を乱して脱毛を促進させていますが、フィナステリドで脱毛物質の増加を抑える事で毛周期も正常化します。その為、脱毛し難くなるだけでなく毛周期が正常化し、丈夫な毛髪が育ち易い地盤も取り戻す事ができるのが特徴です。ただフィナステリドを利用すれば発毛できるのかと言えばそうでもありません。その理由はフィナステリドは発毛作用がある薬ではないからです。あくまでも上記に挙げたような効果しかない薬ですので、脱毛予防程度の効果しか期待する事はできません。ですからフィナステリドを飲んでいても、薄毛を遅らせる事はできるものの、発毛させて薄毛を改善できる訳でもないのです。しかしながらプラスしてミノキシジルを利用すれば発毛させる事が可能とされています。ミノキシジルは発毛効果が高い成分ですが、男性型脱毛症にも有効性が認められている成分であり、強力に発毛を促す事ができるのです。その為、ミノキシジルを利用する事で発毛ができる確率が高まり、薄毛を改善できるかもしれません。ちなみにミノキシジルだけを利用すれば発毛できるという訳でもありませんので注意しましょう。ミノキシジルの効果を発揮させる為にはフィナステリドの存在が必要不可欠であり、両者を併用してこそ相乗効果によって発毛させられますので、男性型脱毛症の場合は以上の二つの薬を利用するのが望ましいと言えます。

フィナステリド服用で性機能障害

フィナステリドは男性ホルモンの分泌に意図的に働きかける成分です。そのため、男性型脱毛症治療に使用される治療薬の多くに含まれています。男性型脱毛症の多くは、男性ホルモンと特定酵素が結びつくことによって発症するため、そこに働きかける作用を持ったフィナステリドは高い効果を期待することができると言うわけです。フィナステリドはもともとは医療現場で使用されていた成分です。ですから、ある程度の安全性は保証されています。ただし一方で、副作用の可能性が全くないとは言い切れないとも言われている成分です。その一例として、たとえば肝機能障害が挙げられます。フィナステリドを含んだ治療薬は、内服薬として服用することが一般的なため、どうしても肝臓機能への負担を避けることはできません。そして性機能障害も副作用のひとつです。男性の性機能と男性ホルモンには密接な関係があります。フィナステリドは男性ホルモンに作用するわけですから、こうした副作用が起きてしまいます。たとえば、勃起不全、勃起時間が持続しないなどのいわゆるEDと呼ばれるような症状、また勃起するために必要な性欲の減退などが、性機能障害に該当する症状としてはあります。性欲減退から始まって、たとえば乳房が大きくなる、濃かった体毛が薄くなると言った、体が女性に近づいていくような副作用があらわれたケースもあります。また精液の量が減少すると言うのも、副作用のひとつです。そのため射精の際に痛みを伴うこともあります。これらの副作用は、いずれも数が少ないながら実際に発症した人がいるものばかりです。フィナステリドが配合された治療薬を服用する際には、頭に入れておく必要があります。またフィナステリドの性機能障害の副作用は、母体にいる胎児にも起こり得ることです。周囲に妊娠を目指している女性や妊娠中の女性がいる場合は、フィナステリド配合の治療薬の扱いには十分な配慮が必要です。
↓誰でも簡単に購入出来ます
薬の通販は安価です
↓フィナステリドが含まれている薬で抜け毛をストップ
抜け毛予防